ギャンブル産業 – 観光産業の収益拡大へ

Uncategorized

観光業は、大きな収益源や地方各地の雇用創出が期待できるため、世界各国が観光業の推進に力を入れています。観光業は、世界最大産業の一つなのです。 

複数の調査によると、世界の旅行・観光業による収入は、2025年までに少なくとも11兆ドルを超えると予想されています。 

観光業の収入は、様々な要因に左右されますが、ギャンブル産業が観光業に大きな影響を与えていると聞くと、驚くかもしれません。それは単純に、ギャンブルが観光業の一部を担っているということではなく、ギャンブルこそが、世界中の観光業の成長を急激に押し上げる要因の一つになっているからです。

ギャンブル産業が観光業の急成長に一役買う、その理由とは? 

ラスベガスは、知らない人がいないほど有名な場所ですが、ギャンブルとナイトライフが楽しめる世界最大級の観光地でもあります。2019年の調査によると、約81%の観光客が、ラスベガス滞在中にギャンブルをしたことが分かっています。2016年の一年間だけでも、ラスベガスには4000万人を超える観光客が訪れました。このように、有名なカジノ施設が多く存在する都市には、多くの観光客が訪れるため、その結果、観光業の収益増に繋がるのです。 

ギャンブル産業は、観光業の中核を担う要素であり、日本とシンガポールの賭博関連の法律をきちんと読み解くと、その推測が正しいことが証明できます。両国ともに、賭博行為を厳しく取り締まる法律が制定されています。日本では、刑法で賭博行為が禁止されています。

昨今の日本では、カジノ、ホテル、劇場、レストラン、その他のエンターテインメント施設を統合した「統合型リゾート」施設の認可が検討されています。これによって、新たな雇用を創出し、観光業を拡大させ、地方自治体の税収源を生み出すことが期待されています。

シンガポールでは、国民がカジノに入場する際に、許可証の提示と高額な入場料が必要です。一方、外国人観光客は、入場料が無料となっています。このように、日本やシンガポールでは、賭博行為そのものを奨励している訳ではなく、観光収入を拡大させるために、外国人観光客の賭博行為を認可するという立場を取っているのです。 

ギャンブルが世界中の観光客を惹きつける理由とは?

1. 素晴らしいギャンブル体験と雰囲気の良さ

カジノでは、素晴らしいギャンブル体験が楽しめます。カジノ施設では、常にゴージャスな雰囲気が漂うよう、細心の注意を払っています。また、ギャンブルゲームも幅広く用意されており、ゲストを楽しませてくれます。カジノ施設は、お客様に心配りができるような、優秀な人材を雇うことでも知られています。顧客満足度は、世界トップクラスのカジノ施設において、最も重要視されている指標です。だからこそ、世界中の人々がカジノを愛してやまないのです。

2. セキュリティの高さ

行き先がどこであれ、旅で一番気になるのは、現地の安全性でしょう。カジノ施設では、少しでも不審な行為があれば、運営ライセンスの取り消しに繋がる恐れがあるため、最高レベルのセキュリティを維持しなければなりません。そのため、カジノでは、厳重なセキュリティ体制が敷かれ、24時間365日、特殊訓練を積んだ警備員が配置されています。もし不審な行為が確認されたり、公の場で暴力行為が発見されたりすれば、カジノから追い出されてしまいます。 

3. ロケーションの良さ 

大規模のカジノ施設は、絶景が楽しめるような場所に建設されていることが多いものです。ロケーションの良いカジノなら、より一層素晴らしい旅の思い出になることでしょう。 

まとめ

これまで、ギャンブル事業が観光客を惹きつける理由についてご紹介してきました。ギャンブル産業と観光業は、深く結び付いているのです。また、ギャンブル産業は、政府に税収入をもたらすだけではなく、地方各地の雇用も創出しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *